未分類 - おでんのブログ
FC2ブログ

平成ジェネレーションズFinal感想

未分類
12 /10 2017
こんにちは、おでんです。今日は、昨日封切りされた「平成ジェネレーションズFinal ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダーズ」を見てきたのでがっつりネタバレ有りの感想を書いて行きます。








※この下ネタバレ









※この下ネタバレ








※この下ネタバレだぁぁぁぁ!!
(ターニッォン)
アーハハハハハハハハハアーハハハハ!!!(ソウトウエキサーイ!エキサーイ!) 

C8p3AC_VoAA6g8f.jpg 





  事前情報として、今回出てくるライダーは題名通りビルド&エグゼイド(とクローズ)、レジェンドライダーのオーズ、フォーゼ、鎧武、ゴースト。ラストにこっそりもう一人出てくるのですが、まあそれはお楽しみということで。

  ストーリは、元東都政府研究員の最上が並行世界とビルドの世界を合体させ消滅させ、自身はそれぞれの世界の半身を合体させ不死身化。あらゆる並行世界を潰して頂点に君臨しようという野望を、ライダー達が食い止めるという流れ。合体に使う装置が腕モチーフだったり、大量のセル(ネビュラガスの影響を受けたバグスター)が動力だったりと、所々「あのライダー」を意識したような設定ですね…。スカイウォールという今までのライダーの世界観に存在しなかったオブジェがあるビルドの世界と他ライダーの整合性をどう取るのかなと思ってましたが、まさかここで住む世界を分断してくるとは…。ビルド以外のライダーは並行世界の住人として、ビルドと接触していきます。

  そんな中で注目が集まったのは、火野映司とアンクが変身するオーズの扱いについて。先日DVDで予習してきたので、アンクの精神が宿ったコアメダルが真っ二つに割れたことは知ってました。しかし消滅はしてないんですよね。

  世界の合体を防ごうと、エグゼイド側の世界ではバンジョー、エグゼイド、火野が奮闘するのですが、最上は財団Xと接触して得たコアメダルやゾディアーツスイッチのコピーを駆使し、グリードやホロスコープスを召喚。召喚されたアンクが火野との戦闘で高所から落下する中、火野も飛び降りて腕を伸ばす!本編最終話の意趣返しをバッチリ決めた中、割れたコアメダルが光り…アンク復活!これには流石の私も驚きを隠せませんでした。

  見てる時はなぜコアメダルが復活できたのか分かりませんでしたが、今になって考えると並行世界がキーなのかなと。劇中、エグゼイドの世界は「スカイウォールのない世界」と表現されました。で、どちらにも仮面ライダーという呼称が存在するように、ビルドの世界にもコアメダルが存在して、ふたつの世界が近づいた影響で復活できたのかなあ?実際ラストでは再び割れちゃいましたし。でも久々にタカ!クジャク!コンドル!(CVアンク)が聞けて満足でした。

  続いて時系列についてですが、パラドが「TRUEエンディング」のラストでビルドの世界に入り込んで、ビルドの世界では2年間(エグゼイドの世界では1週間)進みました。入り込んだ時点でエグゼイド本編終了後から1年経っているので、何かしら影響は…無かった。時間の流れ方が違うそうです。

  物語の気になる点は大体この辺で、とにかくアクションとバイクに目を奪われてました。特に終盤のライダー揃い踏みからの戦闘は今までのライダー映画でも屈指の出来栄えではなかろうか。フォーゼのロケットドリルキック、オーズのタジャドル等、飛ぶ形態で気合いの入り方を伺えました。オエージがバンジョーに何も語らず「いずれ分かる」とだけ言ってたの、器のでかさを垣間見得るシーンだなあと。

  そのバンジョーはこの映画でライダーとして戦う理由をみいだしていってました。そういや君偽物の手紙で決意を固めて変身しただけでしたね。ところどころ本編の補完となる要素が入ってましたし、見るべき点は多いと思います。でもここまでやっちゃったらもう次の冬映画は本当にできないかもしれませんね。


  総じて、今回の平成ジェネレーションズは買いです。久々に2度目を見たくなりました(その前はムービー大戦ジェネシス。ストーリが分からなすぎて)。オーズ好き、フォーゼ好きなら、復帰のきっかけにしてもいいと思います。鎧武はそんなに出番がなかったけどまあ。

※先ほど今日のビルドを見たのですが、この映画本編のいつ頃の話なんだ…?劇中ではラスボスとの最期の対決でラビットタンクスパーリングお披露目で、冒頭でカフェの面々にアイテムを見せていました。しかし今日の14話では完成時点でせんとくんしかおらず、さらにすぐにスタークとの勝負に出向いたので誰も見ていません。もしかしたら脚本感で連絡が取れてなかったのか、あるいは映画前後で分岐が入ってしまったか…。一応その辺も今後の展開を考える上で頭の隅に置いといたほうが良いかもですね。
スポンサーサイト

テスト

未分類
07 /09 2017
バグスターウイルスに感染した男だからだァアハァー…♡その答えはただ一つ…(ピロロロロロ…アイガッタビリィー)バグスターウイルスに感染した男だからだァアーハハハハハハハハハアーハハハハソウトウエキサーイエキサーイハハハハハ!!!エグゼイドに変身できたのかその答えはただ一つ…宝生永夢ゥ!君が世界で初めて…

https://shindanmaker.com/720461

テテフオーロット

未分類
06 /26 2017
 真皇杯中四国とちゃもオフの試合の合間に使いました。
 ポケカはなかにしさんとスカイプで2回やっただけで対面でやるのは初めてだったのですが、めちゃくちゃ強くて終始自分のペースで戦えたのがオーロット偉いと思いました。新しいマーシャドー入りの夜の行進にささやかながら抵抗力があるのも嬉しい。

ボクレー...4
オーロット...4
オーロットBreak...3
カプ・テテフGX...1
ソーナンス...1
プラターヌ...4
フラダリ...1
フレア団のしたっぱ...2
ミツル...2
怖いお姉さん...1
トレーナーズポスト...4
バトルサーチャー...4
バトルコンプレッサー...2
時のパズル...4
レッドカード...1
ハイパーボール...4
レスキュータンカ...2
クラッシュハンマー...4
次元の谷...3
ミステリーエネルギー...3
超エネルギー...6

 ボクレー~オーロットBreak
使うと強すぎて気持ちよくなります。

テテフ
品薄で1枚しか入らなかったですがグッズで引っ張ってこれるようにしてるのであまり困りませんでした。

ソーナンス
特性が強いのとダメージが蓄積した相手にはまあまあな打点を持てるため良い。

プラターヌ
相手がN撃ちまくるのでこちらから使うことはあんまりなかったです。

フラダリ
2枚にすべきかかなり迷いましたが1枚に。バトルサーチャーで使いまわせるのでずっと2枚入れてると思いこんでました。

フレア団のしたっぱ
クラッシュハンマーはコイントスが苦手なので、余裕がある時にコンプレッサーでトラッシュに保管しておくと便利です。

ミツル
かわいい。でも昔の絵のほうが好みでした。

こわいおねえさん
レッドカードとのコンボを考えていましたが、相手はプラターヌ残すよね普通。私はデュエマからポケカに入った身なのでハンデスできるカードを過剰に評価する節があります。

トレーナーズポスト
連打するとガチャ回してるみたいで超楽しい。

バトルサーチャー
トラッシュのフラダリやしたっぱを再利用します。グッズも選べたら良かったのに。

バトルコンプレッサー
神カード。なんかレギュ落ちするらしいと聞いて絶望しました。タンカもサーチャーも時のパズルも全部これを使うことを前提にしてるのでトラッシュが本当にゴミ箱になってしまいます。

時のパズル
どうしてもグッズをトラッシュから引っ張る手段が欲しかったので採用しました。ポスト連打で2枚揃うと幸せになれます。

レッドカード
1ターン目に撃てるとオーロットと合わせて反撃の芽を潰せる気がします。こわいおねえさんもそうですが、相手の手札の枚数聞いたときは大体期待してる枚数持ってないので悲しい。

ハイパーボール
トラッシュを増やしつつテテフを引っ張れるのが便利でした。

レスキュータンカ
これも非常に便利なカード。ポケモンカードは山札よりトラッシュから引っ張るほうが早い印象です。

クラッシュハンマー
無限の勝ち筋。カードやってるはずがコイントス練習会場になってるのはご愛嬌。

次元の谷
ボクレーの覚醒はエネなしでできるらしいのでかなり強かったです。

ミステリーエネルギー
フラダリ使われてグッズ連打されたのがトラウマになってるのですぐに場にオーロットを連れ戻せるように採用しました。肝心のオーロットはこれでも1枚コストが必要ですが、ソーナンスやテテフがオーロットに場を譲る際はノーコストなので気にしませんでした。

超エネルギー
ちょっと多いかもしれませんが、(こちらがしたっぱやハンマー連打しているのもありますが)相手がエネ切れに襲われていたので多いに越したことはないと思いました。

 多分これだと技の効果だけで加速できるボルケニオンはしんどいとおもいます。シニアの大会でネクロズマ入りが結果を出していたようですが、そういうのもありかもしれませんね。

第1回もーっとポケピノオフ使用構築 【】レベル1マルチ

未分類
05 /05 2017
こんばんは、おでんです。今日は連休の合間を縫って第1回もーっとポケピノオフに行ってきました。マルチのオフは関西でポケピノオフがあるのですが、それの出張版ということで、ポケカ勢やトリプル勢も参戦した和気あいあいのムードで楽しめました。

今回は通常のマルチの他、レベル1マルチ(メガシンカ禁止、中間進化含む進化系禁止、無進化と進化前のみ)が行われました。前日にさっと考えたパーティがまあまあはまったので、せっかくなので記録に残しておきます。

面子:ケンタロス、ビリリダマ、キュワワー、プルリル、ヤミラミ、イーブイ

ケンタロス(NN:うし!!!)@こだわりハチマキ、いかく
おんがえし

熱いワンウエポン。寝言すら入れない男気のため、選出はゼロ。
この環境でSが8になるのはS種族値が103以上のポケモンのみで、ケンタロスとニューラが該当します。また数値の1がとても重いため、威嚇で(小数点切り捨て込みで)火力をがっつり落とす狙いがありました。種族値はレベル1で努力値を調整すれば上がる絶妙な配分なので、かなり強いと思います。ミミッキュがいなければね。

ビリリダマ(NN:7とう)@デンキZ、ぼうおん
10まんボルト/ボルトチェンジ/まもる/だいばくはつ

速い電気タイプと言えばこの子。単純にZ技でワンパンして大爆発でもう1匹落とすつもりでしたが、他の参加者さんとの考察の結果黒い霧要員に強く出られ、後述のイーブイを動きやすくするのに優秀なポケモンという評価になりました。防音があるので滅びにも多少強い。

プルリル(NN:ヒラヒラ)@こだわりスカーフ、ちょすい
しおふき/シャドーボール/れいとうビーム/エナジーボール

第1のエース。後述のヤミラミから展開し雨潮噴きをぶっぱなす悪魔。Sの素の値が6で、スカーフを持たせれば8を上回るので相手のスカーフや特性が無ければ一方的に落とせます。しかしミミッキュが重かった。

ヤミラミ(NN:テテフいない)@だっしゅつボタン、いたずらごころ
あまごい/おにび/ねこだまし/はたきおとす

起点役。NN通りテテフの存在しない環境でプルリルが強いとなれば、使わない理由は無かった。種族値の低さも低レベルなら関係ないです。
基本的にはあまごいか鬼火を使いながら後続に繋ぎます。万が一後ろが落ちたらねこだましやはたきおとすで相方をサポートに回ります。

イーブイ(NN:あやしいかぜ)@イーブイZ、きけんよち
とっておき/アシストパワー/まもる/バトンタッチ

エースその2。言うまでもなくナインエボルブースト狙いです。ヤミラミでも触れましたが、低レベルなので種族値の低さはそんなに気になりませんでした。Sは7まで上がるため、鈍足ポケモンなら上取って上がった耐久で強引に耐えます。
ピンで戦ってもかなり強く、アシストパワーがあればワンパンできます。

キュワワー(NN:?ヤッター!)@こだわりメガネ、ヒーリングシフト
エナジーボール/とんぼがえり/フラワーヒール/ドレインキッス

エースその3。主にナインエボルブーストバトンの受け先として運用。優先度3と化けたドレインキッスをメガネで強化し、半減だろうと半分削って受けさせません。種族値が思ったより高いので、晴れダイナミックフルフレイムだって耐えてみせました。


こんな感じです。レベル50の普通のマルチは色々使ったのでここでは紹介しませんが、結構楽しかったです。マルチは普段中々使えないポケモンを使う良い機会だと思うので、是非ともまた参加したいと思いました。

最後になりましたが、主催のピノさんはじめ、スタッフの方々は遠路はるばる広島までお疲れ様でした!楽しかったです!

だい1かいやまポケオン使用構築

未分類
03 /26 2017
trainercard-oden.png 

 こんにちは。
 昨晩開催されただい1かいやまポケオンで使ったパーティの簡単な紹介をしておきます。

Before
雨

After
trainercard-oden.png

  言うほどは変わってないです。
IN→ミミッキュ、ファイアロー
OUT→カビゴン、ヤミラミ
持ち物変更(ニョロトノ@スカーフ→チョッキ、トリトドン@オボン→バンジ)
技変更(ニョロトノ@さいみんじゅつ→じならし、カプ・コケコ@かみなり/ほうでん→10万ボルト/くさむすび)

ミミッキュ@フェアリーZ
いじっぱり、ばけのかわ
じゃれつく/かげうち/のろい/まもる
AS252H4

ファイアロー@いのちのたま
ようき、はやてのつばさ
ブレイブバード/フレアドライブ/ちょうはつ/まもる
AS252H4

 グロリアでの反省として、核となる4匹はともかくとして、対トリル・晴れを期待した2匹が期待に応えられなかったことが大きかった。ヤミラミについてはテテフが出るだけで置物と化し、また相手への負担が皆無だったこと。カビゴンについてはニョロボンとZクリスタルが競合し、実質持ち物なしで動かざるをえないことが多かったことと、対晴れではドレディア、対トリルではアタッカーに対して分が悪かったことがわかった。いずれもこのパーティで求められた役割をこなせないため、変更を決定。
 やってほしいこととしては
 ①ドレディアを封じる
 ②トリル下で5ターン生き残る
 ③トリル下で動ける
の3点。晴れ対策としてはドレディアを封じて各個撃破に方針変更、これはトリル、先制技、追い風で上を取るのが手っ取り早いが、トリルはパーティ的に合わない。よって先制技を大火力で使え、追い風も使えるファイアローの起用を決定。雨が苦手とするカミツルギへの大きな打点としても期待した。アローはトリル下でも特性で先手を取れ、相手を倒すことで火力を削ぎ、凌ぎやすくする効果も予想できる。
 しかしそれでけでは不安なので行動保証を持ったポケモンも検討。マルチスケイル、頑丈、化けの皮が候補だが、マルスケは環境に合ってない。頑丈も霰で簡単に潰れる上に上位に刺さるポケモンが見当たらず。結果的に化けの皮、ミミッキュが決まる。ただミミッキュ単体の種族値は控えめなため、一定の打点を持たせるためにフェアリーZを採用。考案時にバルジーナが幅を利かせていたことを意識したものである。またポリゴン2のような延々粘る高耐久ノーマルの処理速度を高めるためにのろいも入れている。シャドークローはせいぜいテテフにしか使わず、zじゃれつくで十分押せると考えたため今回は入れず。

 核の4匹については、ニョロトノは天候合戦に勝つために…ではなく一時期入れていたスカーフルカリオの影響で渋々別の持ち物を模索していた。その際なんとなく入れたちょっきでコケコのEF10万を耐えたことで評価を見直し。ニョロボンと1しかSが違わないので、相手が追い風を使った際にニョロボンが抜けるかどうか判断する材料としても重宝するようになった。トドンはオボンでも良かったが、リスク承知でバンジに変更。なおリンドは、環境の草がドレディアとカミツルギ程度で、いずれもZ技で守るを貫通して確1にしてくるので不要と判断した。コケコは眼鏡の都合、放電を撃ち始めた後でトドンが落ちると厳しいので素直な技構成に。

 これらの変更はズバズバ当たった。私が慣れてきたのもあるが、晴れや晴れトリルに勝ちを取れた。パーティパワーは確実に向上しているので、これをベースにさらなる改良をしていきたい。アローの挑発が出番が無い為、追い風や横取りへの変更が良いかもしれない。

atsuatsuoden252

ポケモンのオフ会に積極的に足を運んでいます。シングルダブルWCSカードの話など。
戦績:
SM…第3回真皇杯九州準優勝・本戦出場、第14回ちゃもオフ全勝優勝、第6回鉄輪オフダブル3位、シングルレート2016(S5)
USM…第14回神速オフ3位、第25回やまポケオフ準優勝、第4回真皇杯九州ベスト16・関西1準優勝・本戦出場