2017年12月 - おでんのブログ
FC2ブログ

平成ジェネレーションズFinal感想

未分類
12 /10 2017
こんにちは、おでんです。今日は、昨日封切りされた「平成ジェネレーションズFinal ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダーズ」を見てきたのでがっつりネタバレ有りの感想を書いて行きます。








※この下ネタバレ









※この下ネタバレ








※この下ネタバレだぁぁぁぁ!!
(ターニッォン)
アーハハハハハハハハハアーハハハハ!!!(ソウトウエキサーイ!エキサーイ!) 

C8p3AC_VoAA6g8f.jpg 





  事前情報として、今回出てくるライダーは題名通りビルド&エグゼイド(とクローズ)、レジェンドライダーのオーズ、フォーゼ、鎧武、ゴースト。ラストにこっそりもう一人出てくるのですが、まあそれはお楽しみということで。

  ストーリは、元東都政府研究員の最上が並行世界とビルドの世界を合体させ消滅させ、自身はそれぞれの世界の半身を合体させ不死身化。あらゆる並行世界を潰して頂点に君臨しようという野望を、ライダー達が食い止めるという流れ。合体に使う装置が腕モチーフだったり、大量のセル(ネビュラガスの影響を受けたバグスター)が動力だったりと、所々「あのライダー」を意識したような設定ですね…。スカイウォールという今までのライダーの世界観に存在しなかったオブジェがあるビルドの世界と他ライダーの整合性をどう取るのかなと思ってましたが、まさかここで住む世界を分断してくるとは…。ビルド以外のライダーは並行世界の住人として、ビルドと接触していきます。

  そんな中で注目が集まったのは、火野映司とアンクが変身するオーズの扱いについて。先日DVDで予習してきたので、アンクの精神が宿ったコアメダルが真っ二つに割れたことは知ってました。しかし消滅はしてないんですよね。

  世界の合体を防ごうと、エグゼイド側の世界ではバンジョー、エグゼイド、火野が奮闘するのですが、最上は財団Xと接触して得たコアメダルやゾディアーツスイッチのコピーを駆使し、グリードやホロスコープスを召喚。召喚されたアンクが火野との戦闘で高所から落下する中、火野も飛び降りて腕を伸ばす!本編最終話の意趣返しをバッチリ決めた中、割れたコアメダルが光り…アンク復活!これには流石の私も驚きを隠せませんでした。

  見てる時はなぜコアメダルが復活できたのか分かりませんでしたが、今になって考えると並行世界がキーなのかなと。劇中、エグゼイドの世界は「スカイウォールのない世界」と表現されました。で、どちらにも仮面ライダーという呼称が存在するように、ビルドの世界にもコアメダルが存在して、ふたつの世界が近づいた影響で復活できたのかなあ?実際ラストでは再び割れちゃいましたし。でも久々にタカ!クジャク!コンドル!(CVアンク)が聞けて満足でした。

  続いて時系列についてですが、パラドが「TRUEエンディング」のラストでビルドの世界に入り込んで、ビルドの世界では2年間(エグゼイドの世界では1週間)進みました。入り込んだ時点でエグゼイド本編終了後から1年経っているので、何かしら影響は…無かった。時間の流れ方が違うそうです。

  物語の気になる点は大体この辺で、とにかくアクションとバイクに目を奪われてました。特に終盤のライダー揃い踏みからの戦闘は今までのライダー映画でも屈指の出来栄えではなかろうか。フォーゼのロケットドリルキック、オーズのタジャドル等、飛ぶ形態で気合いの入り方を伺えました。オエージがバンジョーに何も語らず「いずれ分かる」とだけ言ってたの、器のでかさを垣間見得るシーンだなあと。

  そのバンジョーはこの映画でライダーとして戦う理由をみいだしていってました。そういや君偽物の手紙で決意を固めて変身しただけでしたね。ところどころ本編の補完となる要素が入ってましたし、見るべき点は多いと思います。でもここまでやっちゃったらもう次の冬映画は本当にできないかもしれませんね。


  総じて、今回の平成ジェネレーションズは買いです。久々に2度目を見たくなりました(その前はムービー大戦ジェネシス。ストーリが分からなすぎて)。オーズ好き、フォーゼ好きなら、復帰のきっかけにしてもいいと思います。鎧武はそんなに出番がなかったけどまあ。

※先ほど今日のビルドを見たのですが、この映画本編のいつ頃の話なんだ…?劇中ではラスボスとの最期の対決でラビットタンクスパーリングお披露目で、冒頭でカフェの面々にアイテムを見せていました。しかし今日の14話では完成時点でせんとくんしかおらず、さらにすぐにスタークとの勝負に出向いたので誰も見ていません。もしかしたら脚本感で連絡が取れてなかったのか、あるいは映画前後で分岐が入ってしまったか…。一応その辺も今後の展開を考える上で頭の隅に置いといたほうが良いかもですね。
スポンサーサイト

atsuatsuoden252

ポケモンのオフ会に積極的に足を運んでいます。シングルダブルWCSカードの話など。
戦績:
SM…第3回真皇杯九州準優勝・本戦出場、第14回ちゃもオフ全勝優勝、第6回鉄輪オフダブル3位、シングルレート2016(S5)
USM…第14回神速オフ3位、第25回やまポケオフ準優勝、第4回真皇杯九州ベスト16・関西1準優勝・本戦出場