【全国ダブルの部3位】第6回鉄輪オフ使用構築:アローラトリル・リターンズ - おでんのブログ

【全国ダブルの部3位】第6回鉄輪オフ使用構築:アローラトリル・リターンズ

ポケモン
10 /09 2017
  どうもこんにちは、おでんです。8日に大分市で開催された「第6回鉄輪オフ」に参加してきましたので、構築を残しておきます。シングルは5-3で予選落ち、ダブルは3-2ながらオポネントで辛くも予選抜け、3位でフィニッシュでした。連敗スタートでも辛抱強く挽回すればチャンスが転がってくるものですねえ(ダブルの予選抜けは初めてでした)

a5881bf4e9ff192b4132b97e090989ba.png 
 うーんこのアローラ感。俺はもっと全ダっぽいメンツを使いたかったんだよ!

・構築の経緯

つのおふで使ったガルミミコータス(これ)を軸に構築を始めよう。
ガルーラが遅すぎてトリルのサポートとして使いにくい…WCSで使ったスカーフルカリオ使ったろ!基本選出完成。
雨パ辛すぎるなあ…ブルルとガルド入れてグラスフィールドも活用しよう。
ガルーラスタン相手にミミッキュが止められる…ガルーラをヤレユータンにしたろ!ギルガルドもクチートに!
完成!

  ガルーラなんて無かった。


  今回目をつけたのはコータス、このポケモンの晴れ噴火に魅力を感じ、これを通すために取り巻きを決めました。
  XYの頃から雨パの宿敵として位置づけていたクレセドランの晴れトリル噴火、先日のつのおふでガルミミコータスを使った際に「これガルクレセドランやん」と感じ、まずこの3匹が決まりました。このトリオで十分強い勝ち筋なので、トリルを確実に貼るためのサポート兼退場要員兼爆弾枠としてルカリオを採用して基本選出が完成。これで試運転した結果、ガルーラ、ヒードラン、カプ・レヒレが厄介だと感じました。ですので草と格闘の打点を持ちフィールドの書き換えができるカプ・ブルルと、精神力で安定してトリルを貼れるヤレユータンの採用を決めました。最後に、ガルーラの採用理由(トリルサポート兼アタッカー)がやや曖昧と考え、トリル終了後の先制技による詰めやいかくのサポート、グラスフィールドの相性を考慮しクチートと入れ替えました。
  これでパーティが完成しました。


・個別紹介

1.カプ・ブルル@カクトウZ(NNトラバサミ)
ウッドホーン/ばかぢから/にほんばれ/まもる
いじっぱりH252A172D84、グラスメイカー
177-189-135-x-126-95

 牛統一期待の新星(予選で当たりました)
  フィールド要員兼晴れ要員兼レヒレドラン絶対潰すマン(マン?)。調整は特化ペリッパーのぼうふうを確定耐え。トリル下なら先制できるはずですが念の為ね。
  グラスフィールドの偉い点は回復によりトリル終了後の粘り強さを高め、コータスのソーラービームの威力を上げられる点に尽きます。じしんの威力低下も、クチートのいかくと合わせて殴り合いに勝てるようになるので高評価。ただし単体の性能はクチートやコータスに大きく劣るため、出す時は慎重な立ち回りを心がけます。

2.ヤレユータン@エスパーZ(NNゴリラゴリラ)
サイコキネシス/きあいだま/トリックルーム/さいはい
ひかえめHC252D4、せいしんりょく
197-x-100-156-131-80

 世の中には威力360、C6↑のアシパを打つゴリラがいるらしい。
  サブのトリックルーム要員。さいはい+ふんかはWCS2017でも定番のコンボであり、読まれやすいためできれば使いたくないのですが適任者が他にいなかった…。
  ミミッキュを使っていると初手ガルーラがねこだましで止めてくるので怒りのせいしんりょく採用。実際ルカリオヤレユータンの並びだとヤレユータンがねこだましで狙われまくるため、してやったりになりがち。隣のポケモンをいのちがけで落とせば余裕のある状態でトリックルームを貼れます。
  持ち物のエスパーZですが、カクトウZと悩んだ末の選択。Zトリックルームで命中を底上げしてきあいだまを使ったり、Zサイコキネシスで削りをしたり。ふいうちは来ない(願望)。こいつだけ性格を妥協してるのでトリルミラーでは注意。

3.クチート@クチートナイト(NNベツバラ)
アイアンヘッド/いわなだれ/ふいうち/まもる
ゆうかんHA252D4、いかく→ちからもち
157-150-105-x-76-49→157-172-145-x-116-49(最遅)

 じゃれつくは当たらない。
  メガ枠。このツインテールからメガガルに匹敵するアイアンヘッドとバンギラス以上のいわなだれを撃てるすごいポケモン。
  私はあまりこのポケモンを信用していなかったのですが、実際使うといかくも相まって倒しにくく、ふいうちがあるのでトリルが切れても腐りにくいのでなんだかんだ採用しました。ブルルとの組み合わせは畜生そのもので、ランドで見てくる相手が止まります。
  技はこの4つで確定。じゃれつくも一見優秀ですが、貴重な1ターンを単体攻撃でしかも外したら取り返しがつかないので却下。実際3割怯みのアイアンヘッドの方が便利でしたし、じゃれつくを撃ちたい相手は隣に殴ってもらえば充分対応出来ました。逆にシャンデラやヒードランへの打点が全くないパーティなのでいわなだれとふいうちは絶対外せませんでした。迷ったら、祈れ(いわなだれ選択)
  ちなみにこの個体はXY初期にフォロワーのクーウィさんからいただいた子です。この場を借りて御礼申し上げます。

4.ルカリオ★@こだわりスカーフ(NNベジータ)
インファイト/このゆびとまれ/みやぶる/いのちがけ
ようきHS252A4、せいしんりょく
177-131-90-x-90-156

 孵化作業中に寝落ちして起きたら生まれてたゾロリ。
  爆弾。最近犬と言ったらドーブルと並び挙げられる波導の勇者。「並び」と打つと予測変換が「なう(2017/10/07 19:49:43)」を候補にしてくるのほんと面白い。
  WCS2017で有名になったいのちがけ型です。カプを根こそぎ潰せるので相手の初動を大きく鈍らせることができます(特にレヒレ)。あとはたまにCSベースのヒードランがいるので狙ってみたり。ちなみにまもるで防がれるとルカリオが場に残るので、苦手な相手だからと即いのちがけすると負け確になるので注意。
  技はみやぶる以外はテンプレ。ラストの枠はフェイントやにほんばれ、いやしのはどうにする人が多いみたいですね。私はギルガルドへの憎しみからみやぶるにしてました(使おうとも思わなかった)

5.コータス@もくたん(NNばくだんいわ)
ふんか/ねっぷう/ソーラービーム/まもる
れいせいH236C252D20、ひでり
175-x-160-150-93-22(最遅)

 大分らしい火山の権化。
  エース。でも読まれまくるのでルカリオのすぐ後に出すことはそこまで多くありませんでした。
  なんのことはないテンプレコータスですが、以前使ってたひかえめだと激戦区の30族付近のS関係が不安なので最遅を用意しました。おかげで予選からトナメまでS順で余計な読みをせずに済みました。
  使い方としてはミミッキュやブルルorクチートで荒らした場をふんかで締めていくスタイルや、逆にコータスでガンガン削って締めてもらうのどちらか。死に出しのタイミングでバンギラスやガルーラを投げられやすいのは先に説明した通りなので、出す順番はくれぐれも慎重に選びましょう。

6.ミミッキュ@ゴーストZ(NNゲンムゥ)
シャドークロー/のろい/トリックルーム/まもる
H228A252B28、ばけのかわ
159-154-106-x-125-116

 シングルでは最速が増えてるっぽい。
  MVPにして準決勝敗退のきっかけのやけどを引いてしまった子。このポケモンはちょうはつ以外の妨害を全く気にしなくていいので非常に使い勝手が良い。トリルを使おうと思わせてくれるくらいにはね。
  基本はトリル貼ってから自身も攻勢に加わります。そのためのゴーストZ。また、相手が死に出しでガルーラやランドロスを出したとき、ワンパンできなかったりねこだましの妨害を避けるため、隣を守らせる隙にのろいで負担を掛けていきます。ダブルはまもるが標準装備な上、安易な交代はふんかの餌食ということもあって、のろいが非常に刺さったと感じております。まもる読みの負担、トリル最終ターンで使ってふいうち圏内に入れる、必中の特性を活かして詰めに使うなど、単なる退場技に留まらない汎用技でした。
  

・立ち回りや選出について

  基本的にトリル要員+ルカリオが先発、コータスクチートブルルから2匹を後発にします。具体的には以下の通り。

1.ガルーラスタン…ヤレユータンルカリオ+コータスorクチートorブルル

2.ガルーラ以外…ミミッキュルカリオ+コータスorクチートorブルル

  具体的でもなんでもないな…。
  ガルーラスタンではガルレヒレ先発を想定し、レヒレをいのちがけで落としながらヤレユータンでトリルを貼ります。モロバレル先発ならZサイキネで落として、どうぞ。ヒードランがいるとコータスを通しにくいので、Zトリックルームからきあいだま連射で仕留めてください。上手くブルルと対面できるようならZばかぢからで。
  ガルーラスタン以外では基本的にミミッキュを仕留めるためにはルカリオのいのちがけを凌がねばならず、まずミミッキュが動けます。ちょうはつが怖いですが、積極的に炎を反減するポケモンを狙い打ちます。いずれにしても、トリルさえ貼れれば準備万端。好きなように暴れましょう。もっとも、相手もそんなことは承知で後発ガルーラやバンギラスで抵抗してきますので、敢えて先にクチートを出して有利対面を作ったり、隣に守らせてる間にのろいで削りを入れたりします。
  トリルは4ターンと短いので終わったあとのことも考えねばなりません。例えば相手の残りを2匹以下にしてのろいでふいうち圏内に入れる、等です。もちろん不利なことには変わりないので、トリル中にケリをつけるのが妥当でしょうか。

  ちなみに、ダブルにしてはZ枠多すぎじゃない?と思われますが、これでもトリル役2匹は同時選出しないと決めてるのと、ブルルの選出回数が控えめなので意外と困りませんよ。ミミッキュもヤレユータンもさいはいやのろいといった優秀な攻撃手段があるので使わなくても良い場面は多いです。

・得意な相手

  噴火が一環してワイドガードのない相手。そんなのいるのか…?

・苦手な相手

  ワイドガード持ち、雨パ、催眠持ち。先発ルージュラでこられた時はコータスルカリオからコータスまもる→ルカリオいのちがけで乾燥肌合わせて突破みたいなことしてました。


・感想

  予選初っ端から悪統一→限界雨と連敗してしまい、死にそうになりましたがその次から運が上向いてきて、結果は3-2のオポネントで予選抜けを果たしました。トナメ初戦ではガルーラスタンと真正面からぶつかって勝ててかなり自信になりました。その分準決勝でミミッキュがやけどもらってクレセリアのトリル返しを許したのが心残りです。そもそもトリル返しという発想が抜け落ちてた辺り、私もまだまだです。

  全国ダブルはWCS2018の正式ルールとして決定したので、今後もトリパについては研究していこうと思います。持ち時間5分とアローラマーク限定ということで、上手く行けばヒードランが出禁になって動かしやすくならないかな~。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

atsuatsuoden252

YouTubeにて実況活動をしております。現在はポケモン、FE、その他を軸に展開中。
ポケモンのオフ会にも積極的に足を運んでいます。
オフ戦績:第41回つのオフ同率4位(ジャンケンで予選落ち)、第3回真皇杯九州準優勝、第14回ちゃもオフ全勝優勝