【 INCJanuary/最終1653(408位)】初めてのガルーラスタン - おでんのブログ

【 INCJanuary/最終1653(408位)】初めてのガルーラスタン

ポケモン
01 /28 2018

  こんにちは、おでんです。今回はINCJanuaryに参加したので、構築を残します。結果は出てから追記します。

  まず、今回のパーティはそもそも使うつもりは全然ありませんでした。と言うのも、エルゲンジャララとライボランド+ゴチルゼルの並びに手応えを感じていたため、試運転の段階で使うのをやめました。ところが、2つのパーティで1匹同じ個体を使ってることに気づき、厳選する時間もなかったので、ある程度回して使用感の分かってたガルーラスタンで行くことになりました。なおサブロムは10試合もせずにやめてしまった模様。

f9a216309ded71296ad385055e75b09a.png 
ランドロスがいない?サブロムの構築に取られた(結局サブロムでもランドロスは使わなかった)

・パーティコンセプト

  ガルーラスタンなんてテンプレがかなりがっちり固まっており、特にメタられやすいパーティの1つです。試運転の段階では眼鏡レヒレでダメージを蓄積させながら締めるという形を取っていたものの、小回りが効かないことと相手の大火力に劣勢に立つことが不満でした。また、z枠の選出率が低く、しかもサブウェポンzを採用しているのも汎用性が低いと感じました。

  そこで、スカーフも眼鏡も使わず、積み技で殴り倒すことを軸に、相手の予期しない硬さで持続的な攻撃をできるように改良を加えてパーティが完成しました。

・個別紹介

1.ギルガルド@じゃくてんほけん
のんき、バトルスイッチ
167(252)-70(0)-220(236)-73(20)-170(0)-70(0)※S個体値26
シャドーボール/せいなるつるぎ/かげうち/キングシールド
特化バシャーモのフレアドライブで低乱数1発

  今回最も活躍したポケモン。主にテテフグロスやバンギラス入り、ランドロス入りに投げていく…はずが、なぜかリザYスタン相手にも平気で投げてました。

  シングルで使っている地雷ギルガルドを、ダブルでそのまま使いました。ランドロスがいないパーティなのでホイホイ飛んでくる物理技を受け出しし、そのまま弱点攻撃も耐えて反撃に移ります。今調べたらようきランドロスのじしんが乱数3とか出てておったまげた。ブレードフォルムでも中々の耐久なので強気の行動を貫きやすかったです。ちなみに、せいなるつるぎのおかげでメレラキ相手に1試合拾えました。

  ただし、このSはいただけませんね。何度かクチートと同速ゲーにもつれこんだため、王冠で上げておくべきでした。

2.ガルーラ@ガルーラナイト
いじっぱり、せいしんりょく→おやこあい
185(36)-189(212)-121(4)-x(0)-150(236)-123(20)
おんがえし/ねこだまし/ドレインパンチ/まもる

  最強(だった)ポケモン。色々弱体化された結果、めちゃくちゃ強いというわけではないものの、要所を任せられるスペックに落ち着いたように見えました。

  今までガルーラはHAかASしか使ったことがなかったのですが、今回はADベース。他の方の構築の試運転をした時に教えてもらったもので、調べた結果一部の上位構築に似たものがありました。これがまあ強い。特性がせいしんりょくなためゴーストタイプで止まりますが、代わりに対雨パでルンパッパのねこだましに怯えなくて済みました。また、まもるのおかげで、z技を透かすことができ、これで拾った試合もいくつかありました。特殊のz技なら素でも結構耐えられ、例えばルンパッパのzハイドロポンプやカプ・コケコのz10まんボルトなどは耐えて返しの1発で倒す光景が多かったです。いかくさえなければその辺りのアタッカーに滅法強かった、というのが使ってみての感想です。

  逆に言えば、いかくが入るとすぐに止まるので、隣でいかに火力を出し続けるかがポイントでしょうか。ドレインパンチのおかげで場持ちはとても良いため、多少無理がきくことは覚えておきたいところ。

3.モロバレル@ゴツゴツメット
のんき、さいせいりょく
221(252)-105(0)-118(140)-105(0)-115(160)-31(0)※S個体値0
ギガドレイン/まもる/キノコのほうし/いかりのこな

  対雨、対トリルを担うポケモン。ただしタイプの都合上エルテラの妨害ができないので要検討かなと思いました。

  妨害以外にも積みのサポートにも使えるのですが、天然このゆびピクシーなるものがTLに流れてきたので、こちらも使ってみたいですね。この構成だとカビゴンを止める手段が無く、モロバレルのままにするならクリアスモッグが必要でしょう。

4.カプ・レヒレ@ウイのみ
ひかえめ、ミストメイカー
175(236)-x(0)-136(4)-156(212)-155(36)-108(20)
ねっとう/マジカルシャイン/めいそう/まもる

  試運転の時と1番変わったポケモン。扱いは難しいものの変えてよかったと思います。

  調整はC222メガゲンガーのヘドロばくだんを確定耐えにして、あとはH16n-1、D余り。眼鏡で運用してた頃の名残が残ってますが、176調整の方が絶対良いです。

  技についてですが、だくりゅうによる運負けを主張するのは馬鹿らしいことと、既にウルガモスにねっぷうを採用していることから、命中安定かつ運勝ちを狙えるねっとう+マジカルシャインにしました。当初は雨パの処理速度が気になりましたが、そもそもこのポケモンが雨パに簡単に突破されないので気にすることではありませんでした。逆にこちらのねっとうで相手をやけどさせて繋がった試合も少なからずあり、外さないので非常にストレスフリーに扱えました。

  強いていえば、積むタイミングの見極めが難しいことでしょうか。また、何度かミズZ持ちやちょうはつ持ちレヒレを見かけ、シングルの型も使えそうだなと感じました。

5.サンダー@ビビリだま
ひかえめ、プレッシャー
167(12)-x(0)-105(0)-193(244)-110(0)-152(252)
10まんボルト/めざめるパワー氷/おいかぜ/みきり

  今回1番出番のなかったポケモン。45試合やって出したのは2試合ほどと、全く使いこなせませんでした。

  本当はデンキZが欲しかったのですが、ウルガモスがZ持ちのため泣く泣く断念。代わりにランドロスに少しばかり強くなれるビビリだまを選びました。活きなかったわけではないものの、いのちのたまだったり、きのみを持たせて耐久型にした方が強かったかもしれませんね。

6.ウルガモス@ホノオZ
おくびょう、ほのおのからだ
161(4)-x(0)-116(4)-85(0)-187(252)-167(252)
まもる/ねっぷう/ギガドレイン/ちょうのまい

  BW以来に育てた蝶舞型。メインウェポンをZにすることで、素でも十分な火力が出せるため選出率が高かったです。でもツンデツンデに耐えられたのは衝撃。

  技はギガドレイン以外は良いと思うのですが、サブ技はかなり迷いますね。サイコキネシス、めざ氷、さざめき等々。このパーティはヒードランが非常に重かったので、めざ地でも良かったかもしれません。ダブルの積みアタッカーは技スペが足りなすぎる。


・選出とか

  ほぼ全ての相手にガルーラを先発。隣は相手によりますが、テテフグロスにはギルガルドかカプ・レヒレ。特殊アタッカーが多い相手にはウルガモスかカプ・レヒレ。それ以外の相手はカプ・レヒレ固定でした。後発はウルガモス、ギルガルド、カプ・レヒレのいずれか2匹。雨パ相手にはウルガモスの代わりにモロバレルを出しました。

  立ち回りは決まったものはありませんが、とにかくギルガルドの保険発動は積極的に狙いにいきました。また、ガルーラで高速アタッカーの攻撃を耐えて反撃という動きをよくしていました。とにかく安定行動第一、でも終盤はちょっと強気に動いても良いかなあ、といった感じです。

  サンダー…。

・厳しい相手

  カプ・コケコ…誰も上を取れない上に電気がめちゃくちゃ一貫しているのでこいつをどうにかできるポケモンがすごく欲しかったです。ランドロスは偉大だなあと。

  エルテラ…コケコと同様にアンコールでハメられてしまいます。あくタイプやアマージョ、カプ・テテフが強く求められると感じました。タスキキリキザンとか。

  ライチュウ…使ってた側からすると、タスキとまもるの存在でエルフーンと大して変わらない厄介さでした。とにかく素で速いポケモンが欲しかった。



  初めてのガルーラスタン、思ったほどの結果は出ませんでしたが、基本の4匹でも中々戦えたので、ここから更に改良を加えて、3月に賭けていこうと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

atsuatsuoden252

YouTubeにて実況活動をしております。現在はポケモン、FE、その他を軸に展開中。
ポケモンのオフ会にも積極的に足を運んでいます。
オフ戦績:第41回つのオフ同率4位(ジャンケンで予選落ち)、第3回真皇杯九州準優勝、第14回ちゃもオフ全勝優勝