【第17回びぶおふ(シングル)】光るそばガルクレセ【予選6-3】 - おでんのブログ
FC2ブログ

【第17回びぶおふ(シングル)】光るそばガルクレセ【予選6-3】

ポケモン
03 /03 2019
  こんばんは、おでんです。第17回びぶおふで使ったパーティの記録を残しておきます。何が光るそばかというと、ハイパームテキのことです。ハイパームテキガルクレセ。

20190303220712240.jpg
  久々に守りから入るパーティです。
 


・構築経緯

  鉄輪オフで使った積み型ベトベトンが、気付いたらサイクル戦ばかりしていました。対戦後の話で「おいうちがあると思っていた」等の意見を聞き、このポケモンのサイクル戦適性の高さを知ることになりました。

  ベトベトンは元々、高い特殊耐久と優秀な耐性から、ギルガルドに強い積みエースとして注目しました。しかし反面物理アタッカーを強く誘い、特に地面タイプやボーマンダが嬉々としてやって来ます。そこで、地面耐性を持つ上に圧倒的数値を持つクレセリアを相方として選択しました。一般的に、ピンチベリー持ちのクッションとしてはカビゴンがメジャーですが、ベトベトンは毒にならず、どくびしの回収も可能。この性能がクレセリアの相方としても好相性でした。

  ベトベトンとクレセリア、2枚の壁を採用し、次は取り巻きを固めることにしました。クレセリアの取り巻きとしては、使い慣れたガルーラ。物理特殊共に受けを採用したことで、強力な先制技を持つガルーラの、フィニッシャーとしての輝きが期待できると考えたためです。また、ガルクレセと来れば、オニゴーリを採用しないわけにはいきません。いつか見かけた、ピタゴーリと呼ばれる受け回し+オニゴーリの並びも自然に構成されるので、中々上手くまとまりました。

  残りの2匹は補完としての役割が主になります。まず催眠耐性が皆無なこと、そして電気の一貫も酷いです。そのため、ポイズンヒールのグライオンを5枚目に採用しました。最後にミミッキュが悲しいほど辛いため、少なくとも対面で突破できる可能性を持つメタグロスを採用し、パーティが完成しました。


・個別紹介

1.ガルーラ@ガルーラナイト
いじっぱり、きもったま→おやこあい
207(212)-191(236)-121(4)-x-125(36)-124(28)
おんがえし/ほのおのパンチ/ふいうち/ねこだまし

  実家のような安心感。みかづきのまいで1回回復させました。その時お相手が頭を抱えていたので、やはりこのポケモンの対面性能は高いんだなと感じました。

  おんがえしが通りやすい、攻めっけの強いパーティによく選出しました。受けで削ればふいうちで締めるだけなので、もっと選出しても良かったかもしれません。

2.クレセリア@ゴツゴツメット
ずぶとい、ふゆう
227(252)-x-189(252)-95(0)-151(4)-105(0)
こごえるかぜ/でんじは/つきのひかり/みかづきのまい

  6世代産の自慢の5V。シングルで使うのは久々ですが強すぎた。

  元々ガルクレセやガルカバの並びは、特殊アタッカーを出された時の立ち回りに疑問を持っていたのですが、ベトベトンを追加したことで物理受けとしての役割を専念することができました。ほぼ全試合出したので、クレセリアへの信頼が大きく向上しました。

3.オニゴーリ@たべのこし
おくびょう、ムラっけ
177(172)-x-105(36)-101(4)-106(44)-145(252)
フリーズドライ/みがわり/まもる/ちょうはつ

  10人ブロックに3人オニゴーリがいました。全体のKP6です。

  ちょうはつにより、オニゴーリミラーでも強く出られるのが良かったです。ふきとばしでの安易な対策も止まるため、使いやすさが向上しました。

4.ベトベトン@マゴのみ
しんちょう、くいしんぼう
212(252)-125(0)-101(44)-x-161(212)-70(0)
はたきおとす/リサイクル/おいうち/どくどく

  MVP。毒とおいうち、二重の罠。

  有利対面で交代読みどくどくを積極的に決め、2周目のサイクルでは役割対象を狩るおいうちを決めます。驚くほど決まったので、ベトベトンのどくどくは入れ得です。

5.グライオン@どくどくだま
しんちょう、ポイズンヒール
181(244)-115(0)-147(12)-x-139(255)-115(0)
じしん/どくどく/はねやすめ/まもる

  カバやコケコの一貫切りのために採用。数値がクレセリアやベトベトンと比べて貧弱であまり出せませんでした。ミミッキュが厳しいパーティなので、物理耐久厚めにしても良かったかもしれない。

6.メタグロス@メタグロスナイト
ようき、クリアボディ→かたいツメ
156(4)-197(252)-170(0)-x-130(0)-178(252)
アイアンヘッド/じしん/れいとうパンチ/がんせきふうじ

  色々頼りになるメガ枠。がんせきふうじはウルガモスやリザードン意識です。

  数値も高く、パーティの苦手なポケモンを任されることが多かったこともあり、選出は多めでした。


・選出とか

クレセリアベトベトングライオンから2匹+オニゴーリガルーラメタグロスから1匹...受けサイクルで疲弊させてからメガ枠等で締めていきます。

クレセリアベトベトングライオン...後で気付いた並び。これなら並のパーティは完封できたかもしれない。


・総評

  手堅い構築になり、様々な勝ち方を作れるパーティになりました。ベトベトンは強いので是非使って見てください。
スポンサーサイト

atsuatsuoden252

ポケモンのオフ会に積極的に足を運んでいます。シングルダブルWCSカードの話など。
戦績:(時系列順)
SM…第3回真皇杯九州準優勝・本戦出場、第14回ちゃもオフ全勝優勝、第6回鉄輪オフ(ダブル)3位、シングルレート2016(S5)
USM…第14回神速オフ3位、第25回やまポケオフ準優勝、第4回真皇杯九州ベスト16・関西1準優勝・本戦出場、第45回つのおふ3位、第2回うみオフ3位、第27回やまポケオフ3位、第7回鉄輪オフ(シングル)ベスト8・(ダブル)準優勝、第3回うみオフ4位