【第3回うみオフ(WCSウルトラ)4位】グラゼルネを全力で止めようとした結果www - おでんのブログ
FC2ブログ

【第3回うみオフ(WCSウルトラ)4位】グラゼルネを全力で止めようとした結果www

ポケモン
03 /10 2019

  こんばんは、おでんです。第3回うみオフにスタッフ兼対戦参加で参加し、3位決定戦に負けて4位でした。簡単にですが構築を紹介します。


20190310230237e59.jpg 

水弱点多すぎ問題。
・構築経緯

  ウルトラルールではゲンシカイキ組が明らかに強いだろうと、色々取り巻きを考えながら使っていました。また、メガレックウザの脅威も感じていたため鋼タイプのメガ枠を考えていました。

  当初はイベルタルグラードンメガメタグロスを軸にしていたものの、イマイチしっくり来ずに解散。続いてイベルタルカイオーガメガメタグロスに変更するも、電気の一貫が厳しい。そこでトゲデマルを採用することにしました。それだけでは鋼2枚でグラードンが辛いため、霊獣ランドロスも追加しました。ガオガエンでないのは、上述の通りグラードンが辛いのもありますが、それ以前にカイオーガorグラードンの採用率が高すぎてまともに選出できなかったのもあります。

  ここまでで試運転していると、ゼルネアスが非常に厳しいと感じました。特に対グラゼルネではメタグロスがグラードンに歯が立たず、ゼルネアスと対面する頃には疲弊しきっていることが多かったためです。グラードンがいるとトゲデマルを選出しにくく、そのためカプ・コケコが止められないという問題もありました。

  そこで、「グラゼルネには好きにはさせない」という考えの元パーティを組み直しました。イベルタルの枠をホウオウに変更し、カイオーガと一貫する電気に強いトゲデマルとランドロスは続投。残り2枠は、催眠対策+メガレックウザ・ウルネク対策のカプ・コケコ。最後にトリックルーム対策+メガレックウザ・ゼルネアス・範囲技対策にメガハガネールが転がり込んできました。

  こうして、水弱点3枚というあまりにも不安定なパーティを持ち込んだ結果、大量のオーガレックとマッチングしてしまうのでした。予選抜けは根源避けまくったのと麻痺を決めまくったおかげ。

・個別紹介


1.カイオーガ@あいいろのたま
ひかえめ、はじまりのうみ
207(252)-x-136(204)-227(52)-180(0)-110(0)
しおふき/こんげんのはどう/れいとうビーム/まもる
HB:232メガレックウザのハチマキガリョウテンセイ確定耐え

  GSの水枠。こいつ(とグラードン)のおかげで、他の水枠をレヒレくらいしか見ない。

  理想はホウオウのおいかぜから展開してヒャッハー!なのですが、とんぼがえりが上からになるので被弾が増え、こんげんのはどうを震えながら連打する羽目に。また、ホウオウ自体有利不利がはっきりしているため中々出せず、先発からこんげんのはどう連打も。3位決定戦3戦目の悲惨な外しっぷりはGSならでは。

  火力は非常に優秀で、削りにもフィニッシャーにも使える、というかその方が良いですね。グラードンがカイオーガ相手に後投げするのと異なり、こちらはグラードンに後投げしてもだんがいのつるぎが飛んできます。カイオーガいるからグラードンはこいつで見よう、ではなく、対グラードンのコマをしっかり用意して、ガンガン殴れるようなパーティ作りが求められるでしょう。あと対コケコ。

  余りの努力値は絶対Sに振るべきだった。


2.ホウオウ@ヒコウZ
いじっぱり、プレッシャー
212(244)-176(76)-130(156)-x-175(4)-114(28)
せいなるほのお/ブレイブバード/おいかぜ/じこさいせい
HB:232メガレックウザのハチマキガリョウテンセイ確定耐え

  本日のビックリドッキリメカその1。

  予定ではトゲデマルと並べ、おいかぜで攻めるつもりだったのですが、カイオーガだらけで選出すらままならず。ムーンルールまで使ってたルナアーラやイベルタルとの違いを痛感しました。

  参考にしたGS本ではメガラティアスを第2のおいかぜ役にしてたのですが、理由が分かりました。ホウオウが動かしにくい相手でも展開するための配慮ですね。もっとも、展開さえできてしまえば禁止級に恥じない大活躍をしてくれましたが。

  カイオーガにも言えますが、コケコのエレキネット採用率がだいぶ下がってるので、トゲデマルがいる時はわりと強気に動かしても良いのかもしれない。


3.トゲデマル@とつげきチョッキ
ようき、ひらいしん
141(4)-118(0)-83(0)-x-125(252)-162(252)
ねこだまし/とんぼがえり/ほっぺすりすり/いかりのまえば

  本日のMVP。かわいい。

  ほっぺすりすりによる麻痺が極悪すぎました。予選では片っ端から麻痺をばら撒き、さらにカイオーガホウオウより速いためいかりのまえば+攻撃で火力サポートも優秀でした。

  耐久もゲンシカイオーガのしおふきをギリで耐えられるタフネスで、耐性も相まって非常に頼りになりました。しかし物理耐久の低さは困りもので、メガレックウザのハチマキガリョウテンセイで半分以上削れたり、イカサマで予想外のダメージを受けました。

  コケコはかなり人気なので、カイオーガ以外の構築でも入るかもしれない。


4.霊獣ランドロス@こだわりスカーフ
ひかえめ、いかく
165(4)-x-110(0)-172(252)-100(0)-143(252)
だいちのちから/くさむすび/めざめるパワー氷/とんぼがえり

  対グラードン、コケコ。カイオーガの貴重な引き先。

  グラードン意識で特殊にしましたが、ホウオウが中々出せなかったので正解でした。めざめるパワーはヘドロばくだんと迷いましたが、撃つ相手がいなかったのでミラーで勝つために入れました。なりきりも良いんですけど交代が余儀なくされる。

  あんまり出せなかったので、ここに浮いてるメガ枠とか入れても良いかもです。それよりも変えるべき枠がいるって?それはそう。


5.カプ・コケコ@フェアリーZ
おくびょう、エレキメイカー
146(4)-x-115(0)-147(252)-95(0)-200(252)
エレキネット/マジカルシャイン/とんぼがえり/まもる

  対モロバレル兼ウルネクレックウザ枠。

  中速が多いので速いこの2匹が重く、自然とパーティ入り。トゲデマルがいるのでボルトチェンジではなくとんぼがえりです。グラードンにも通るし思ったよりはダメージが出ました。

  それはそれとして、あまりにも火力が無さすぎた。カイオーガにまともにダメージ通らないのはまずかった。トゲデマルもいかりのまえばくらいしかないので、対カイオーガ打点の無さが欠点です。


6.ハガネール@ハガネールナイト
ゆうかん、がんじょう→すなのちから
182(252)-194(252)-250(0)-x-116(4)-31(0)
ジャイロボール/じだんだ/ワイドガード/まもる

  本日のビックリドッキリメカその2。サンルールの怪物がメガシンカを得て帰ってきた。

  グラードンのだんがいのつるぎでもびくともしない強靭な耐久、ねっとうの使用率が下がるカイオーガの水打点を封殺するワイドガード。ゼルネアスを一撃で落としうるジャイロボール、カプ・コケコやメガレックウザの攻撃を封殺するタイプ。ささやかながらのトリックルーム対策も。パーティの無理をかなり誤魔化せると判断して投入しました。

  メガシンカはがんじょうが発動してからでも遅くないので、2メガも良さそうだと思いました。浮いてて水耐性があるポケモン!メガラティアスか...。


・選出とか

先発トゲデマル+ホウオウorカイオーガ
後発カイオーガorホウオウ+何か

  これが多かったです。前日に完成したからよくワカンネ。

  無理な相手が多すぎますが、特にひらいしん+カイオーガは逆立ちしても無理でした。フェイントとねこだましの択は勝てねえ~。

・総評

  ホウオウやハガネールといったピーキーなポケモンのおかげで、2重3重の備えの重要さが分かりました。ありがとうホウオウハガネール。ありがとうトゲデマル。
スポンサーサイト

atsuatsuoden252

ポケモンのオフ会に積極的に足を運んでいます。シングルダブルWCSカードの話など。
戦績:(時系列順)
SM…第3回真皇杯九州準優勝・本戦出場、第14回ちゃもオフ全勝優勝、第6回鉄輪オフ(ダブル)3位、シングルレート2016(S5)
USM…第14回神速オフ3位、第25回やまポケオフ準優勝、第4回真皇杯九州ベスト16・関西1準優勝・本戦出場、第45回つのおふ3位、第2回うみオフ3位、第27回やまポケオフ3位、第7回鉄輪オフ(シングル)ベスト8・(ダブル)準優勝、第3回うみオフ4位